通信革命?5Gとは?5Gサービスにすべき?

新サービス

こんにちは、こーせいです。

最近日本でも5Gの通信サービスを提供し始めた通信キャリアが現れ始めました。

そこで今回は個人的に調べた5Gについて書いていきたいと思います。

5Gとは?

5Gの特徴としてソフトバンクのサイトには以下のように記述されています。

  • 高速・大容量 5Gでは、通信速度が飛躍的に向上します。2時間の映画を数秒でダウンロードでき、容量の大きな動画をダウンロードするときでも待ち時間を気にする必要はありません。
  • 超高信頼・低遅延 5Gでは、通信の遅延がごく小さくなり、より安定した接続が可能です。クラウドゲームでも通信の遅延を意識せずにプレーを楽しめます。
  • 多数同時接続 5Gでは、より多くの機器を同時にネットワークに接続できるようになります。モバイル端末だけでなく、家電やウェアラブルデバイスといったさまざまな機器がネットワークに接続されるIoTの利用が本格的になっていくでしょう。
5G(第5世代移動通信システム) | 法人のお客さま | ソフトバンク
5G(第5世代移動通信システム)は2020年に商用化がスタートしました。 超高速かつ大容量、多接続、超高信頼、低遅延の通信を実現する5Gについて、ソフトバンクの法人のお客さまに向けた取り組みをご紹介いたします。

要するにこれまでより通信速度が高速で、低遅延、多数接続に強い回線になるということですね。一つずつ見ていきましょう。

高速・大容量

通信速度が高速になり、試験的に導入している新宿で600Mbpsが出たとの情報もあります。

しかしこの通信速度本当に携帯通信で必要でしょうか?

大容量通信といえば動画サービスを思い浮かべますが、現状の動画サービスのほとんどがストリーミング方式、つまり見る分だけすこしずつダウンロードして見ているという方式になります。

つまり見るスピードと同等あるいはそれ以上であれば大運ロード速度はそれほど必要ではないことになります。

しかも600Mbpsといえば、Wimax回線や有線光Lanでこと足りるスピードになっています。

よほど特殊な環境でない限り必要でないと思います。

超高信頼・低遅延

低遅延で恩恵は受けるのはゲームでしょうかね。通話でも影響はあるでしょうが、個人的に通話で遅延がきになると思ったことはないので、間に合っているということでしょうね。

リアルタイムで通信が必要なゲームをスマホ回線で利用したい人には有効かもしれませんね。

多数同時接続

混雑する時間帯は通信速度が落ちると感じる方が多いかもしれません。こればっかりは試してみないとわかりませんが、現在の通信状況でもそんなに気にならないという方も多いと思います。サービスが始まってから様子を見るしかないですね。

各社の5Gサービス料金

大手キャリアの5Gサービスの料金は以下のようになっています。

  • ドコモ:月額7650円、利用可能データ量100GB。
  • ソフトバンク:いままでのプランに+1000円で5G使用可能。
  • au:月額 8,480円 、30GBを超えると128kbps。

ただし、各社条件によっては割引があります。調べていて改めて思いましたが、大手3キャリアはあいかわらず契約システムを複雑にするのが好きですね。複雑にして契約料金が高いこと紛らわそうとしていることが見え見えです。

料金的には現在の料金から数千円プラスで使用できるという感じでしょうか。

まとめ

現在の4Gになる際は動画のストリーミングスピードに通信速度が追いつき、大きな影響がありました。しかし5Gは現状の多くの人の使用勝手では変える必要はないと感じます。ゲームのヘビーユーザー、ビジネスで速度とレスポンスが必要という方には必要かもしれません。

ただし、この5Gのメリットを生かした大勢の方にメリットのある新たなサービスが出てくる可能性は十分にあります。

しかし個人としてはそのような新しいサービスが出てきてから5Gへの移行を考えても遅くないと思います。

それではまた。

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
株式ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました